【速報!】ロレックス2019年新作ヨットマスター42 Ref:226659を徹底分析!

ブランド
シード126603

バーゼルワールド2019で発表されたロレックス新作の1本といえばヨットマスター42 Ref:226659ですね!こちらはバーゼルワールド2019が開催される前にロレックスが発表したシークレット動画↓

↑ではサブマリーナの新作?などと予想されていましたね!
今回は新作ヨットマスター42 Ref:226659のルーツやスペックまで徹底分析していきます!

ロレックスⓇ公式ウェブサイトを見に行く  


 

ヨットマスター42 Ref:226659のスペック

まずはシードゥエラー 126603のスペックを調べてみました!

製品名 ヨットマスター42
リファレンスナンバー
(型番号・モデル番号)
226659
素材 ホワイトゴールド
ケース径 42㎜
ケース構造 モノブロックミドルケース
スクリュー式裏蓋
ベゼル セラミック製マットブラック
素材 セラクロム
60分目盛り入り両方向回転
数字・目盛りはポリッシュレイズド仕上げ
リューズ スクリュー式
トリプルロック(三重密閉構造)
ガラス サファイアクリスタルガラス
日付表示部にサイクロップレンズ
防水性能 100m/330フィート防水
ムーブメント 自動巻き
キャリバー 3235 ロレックス完全自社製造ムーブメント
パワーリザーブ 70時間
ブレスレット種類 オイスターフレックス
素材 フレキシブルメタルブレード
高性能エラストマーコーティング
クラスプ セーフティキャッチ付きオイスターロック
グライドロックエクステンションシステム
ダイアル色
発光塗料 クロマライト
認定 高精度クロノメーター

これまで展開していたヨットマスターは40㎜でしたが、一回り大きくなり42㎜になりました。サブマリーナとシードゥエラーの中間の大きさですね。最近はデカ厚ブームもひと段落して、〇ネライ社もついにダウンサイジングしてきた昨今の流れに逆行していますね!

 

ヨットマスターのルーツ

ヨットマスターといえばロレックスのスポーツモデル(プロフェッショナルモデル)の中でも新しく、高級感を前面に押し出したリゾート用ウォッチという印象がありますが、人気の秘密を誕生からその後の軌跡を追いかけたいと思います。

 

1992年 バーゼルワールドで発表される、当初は18Kイエローゴールド無垢のモデルのみのラインナップで、それまでのスポーツモデルでは初めてボーイズサイズやレディースサイズが登場した。これはこれまでのロレックススポーツモデルのコンセプトとは異なりペアで着用もできるモデルであった。スポーツモデルの堅牢さはそのままに立体的な回転ベゼルは高級感を演出していた。文字盤は4色(白、シルバー、シャンパン、ブルー)の展開があった。
1997年 金無垢モデルに続いて、イエローゴールドとステンレススチールのコンビネーションモデル(ロレゾール)が発表された。ロレゾールとは「ロレックス」と「SS」、「OR(ゴールドのフランス語)」の3つの言葉からなる造語。コンビモデルの登場でヨットマスターの存在はそれまでよりも身近な存在になった。この年にはボーイズサイズ、レディースサイズのみのラインナップであった。文字盤は金無垢と同様の4色の展開となった。
1999年 プラチナとステンレススチールからなる「ロレジウム」が発表された。ロレジウムとは「ロレックス」、「SS」、「PLATINUM」の3つからなる造語である。回転ベゼルと文字盤にプラチナが使用されていて、ずっしりとした重量感のあるモデルとなった。
2012年 ロレジウムがモデルチェンジを果たすデザインは本来の形を崩さずに、ブレスレットなど、細部のランクアップが行われた。プラチナダイヤルのみの展開だったが、青文字盤が追加される。
2014年 レディースモデルの製造が終了し、メンズサイズ、ボーイズサイズのみの展開となる。
2015年 ロレックスで初となるラバーベルトを採用したモデルRef:116655が発表される。オイスターフレックスブレスレットというラバーベルトで通常よりも耐久性に優れているロレックスが開発、特許を取得したベルト。エバーローズゴールド無垢で展開となった。
2016年 ロレジウムRef:116622にダークロジウム文字盤が追加される。

 

theoldlady

 

ヨットマスターはロレックスのスポーツモデルの中でも新しいモデルなんですね。ロレジウムモデルも非常に人気がありますが、近年出てきたマットブラックのベゼルもじわじわと種類が増えてきていますね!素材やサイズ展開共に多岐にわたっているためお好みに合わせて選びやすいモデルではないでしょうか?

 

ヨットマスター42 Ref:226659の特徴

 

それでは気になるヨットマスター42 Ref:226659の特徴の特徴を調べていきましょう!

ベゼルハイテクセラミック
ヨットマスター42の両方向回転ベゼルは、60分目盛り入りマットブラックセラミック製セラクロムベゼルインサートを備えています。レイズド仕上げの目盛りと数字はまずセラミックに型どられ、その後ポリッシュ仕上げが施されます。 最初の15分までの目盛りは1分刻みとなっており、正確に時間間隔を計ることができます。 また、ベゼルは縁に刻みが入れられているため滑りにくく、容易に回すことができます。レイズド仕上げの目盛りと数字はまずセラミックに型どられ、その後ポリッシュ仕上げが施されます。 最初の15分までの目盛りは1分刻みとなっており、正確に時間間隔を計ることができます。 また、ベゼルは縁に刻みが入れられているため滑りにくく、容易に回すことができます。

オイスターフレックスオイスターフレックスブレスレット
ロレックスが開発・特許を取得したヨットマスターの新しいオイスターフレックス ブレスレットは、メタル ブレスレットにスポーティさが加わった。ブレスレットは柔軟性のあるチタン・ニッケル合金製ブレードで、時計のケースとセーフティキャッチ付オイスターロッククラスプに接続されている。このブレードは環境からの影響を受けにくく、極めて耐久性に優れる高性能ブラックエラストマーで覆われ、着用者の手首にしっかりとフィットする。装着感をより高めるために、オイスターフレックス ブレスレットの内部には特許を取得した縦方向クッションシステムが備わり、時計を手首で安定させる。

cal3235

 

シードゥエラー126603にはロレックスが完全に自社開発したムーブメント[キャリバー3235]が搭載されています。これまでのムーブメントよりも衝撃に強く、またパワーリザーブは70時間まで延長されています。

ロレックスファンの評価

2019年3月に開催されたバーゼルワールド2019で新作が発表されましたがヨットマスター42 Ref:226659ですがネットでの評価を探ってみましょう。

ラバーがなー・・・。
黒いベゼルも惹かれるな!
まだ無垢しかないから手が出せない。
ヨットでデビューした黒ベゼルももしかしたら?

ラバーベルトに賛否が分かれますがまだ無垢モデルしか出ていないので今後期待されている感はすごく出ていますね!

まとめ

バーゼルワールド2019で発表されたヨットマスター42 Ref:226659ですが、まだ無垢のモデルしか発表されていないため一般ユーザーからは敬遠?されている感じですかね?ロレックスの新モデルの発表の流れを考えると今後もしかするとステンレスも出るが発表される(?)かも知れませんね!今後もヨットマスター黒ベゼルから目が離せないですね。正直言うとわたしはステンレスブレスレットをつけたいですが(笑)

↓↓↓応援お願いします↓↓↓

人気ブログランキング
ブログ村にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ

コメント